今後の参加イベント

未定です。

頒布物一覧
気になる本がもしあれば、郵送します。
希望する本のタイトルをメールで送ってください。
アドレスはメール.JPG

今までに参加した同人誌即売会

今までに参加・開催した写真展
posted by 柳屋文芸堂 at 01:04 | - | 更新情報をチェックする


人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」の紹介

この本についてのツイートまとめはこちら



 表紙担当は西乃まりもさん。
 タイトルを考えてくれたのは杉背よいさん。
 Twitterで公開したところ、タイトルと画像が合っていると褒めてもらって嬉しかった♪
 いや、私は全く関わってない部分なのだけど……

 ここからは各作品の作者名・タイトル・あらすじと、冒頭部分(画像)です。


 杉背よい「シンギング・オブ・粉骨」
 ある日神様は無名のミュージシャン、ハスミが懸命に歌う姿に見入る。
 神様は気まぐれに人形を男の元へ使わせることにした。
 その名も藤井。姿はおっさん。
 藤井はハスミに囁いた。「この藤井と、契約してみませんか──」



 最初の一文が印象的ですよね。
 独特の浮遊感のある風景や人物の描写は、彼女にしか書けないもの。
 この方、さりげなくプロです(角川から2冊本出してます)


 柳田のり子「別世界」
 市民のほとんどが人工子宮から生まれる未来都市で
 自分の体を使って妊娠・出産することに興味を抱いたクレマチスは
 未加工の遺伝子を持つ「原生人間」の男を探し始める……



 これは私の作品で、SFです。
「設計された遺伝子を持つ人間が多数派になり、普通の人間が少数派になったら」
 という「もしも」の世界を丁寧に積み上げてみました。


 匹津なのり「繭子さんも私も」
 着付け教室で和装マネキンの性格を妄想している「ぼっち」の主人公、麦子。
 静かに傷付き続ける彼女のもとに、ビスクドールの瞳を持った不思議な女性が現れる……



「人形というものが、人間に何をしてくれるか」
 をこんなに鮮やかに描いた作品を他に知りません。
 文章もリズミカルで気持ち良くて、小説を読む楽しみに満ちたお話です。


 西乃まりも「弔う火」
 五十年に1度、作り変えられる女神像。
 その節目の巫女となるために育てられたマナは、女神を祀る神殿へと居を移した。
 そこで彫像の製作者・玉蓉と出会うのだが…。



 まりもさんの作品は展開が面白いからネタバレせずに紹介するのが難しい。
 神聖だと思っていたものが、どんどん妖艶になっていく様子にドキドキします。
 ラストシーンがこの本にすごくぴったりなんだ。

 裏表紙はこんな感じ。

posted by 柳屋文芸堂 at 01:02 | - | 更新情報をチェックする


「贋(にせ)オカマと他人の恋愛」紹介

 歌舞伎の研究者を目指す七瀬耕一。
 村上春樹と同じ勉強がしたい、と演劇専修に進んだ隅田周平。
 周平の恋人で、いつも周平と一緒にいる七瀬にやきもちを焼く辻堂克巳。

 奇妙なバランスを保ったまま過ぎてゆく、三人の大学生活。
 しかし、永遠に変わらない関係などありえない。

 これから話すのは、壊れてゆく恋の話だ。
 なるべく楽しく語りたいとは思うけれど、何しろ結末が決まっている。
 それぞれの立場で出来得る限り足掻きもがいたのに、逃れようがなかった。
 俺も、周平も、克巳も。


 同性愛 同性愛のように見える異性愛 異性愛のように見える同性愛
 様々な形の、純粋な愛がいっぱい詰まった物語です。

 A5 102ページ
 無料配布
posted by 柳屋文芸堂 at 00:52 | - | 更新情報をチェックする


邯鄲(かんたん)

 今度の恋は、職人とお嬢さま。

 製紙会社の社長令嬢、春子は、昔ながらの手すきで和紙を作る職人、治とお見合いすることになる。
 ひたむきに仕事に打ち込む治に春子は惹かれてゆくが、治の挙動はどこかおかしい。

 私を嫌いになった?
 頭の中でつぶやくだけで涙がこぼれる。短大の同級生はみな私より美しく、相談したらみじめな気持ちになりそうで、誰にも打ち明けられなかった。


 春子は治に会うために、暗い夜道に飛び出した。

 和紙の町を舞台にした、レトロ風味ラブストーリー
 「お給金」「愚連隊」「破廉恥」なんて言葉を使っちゃったよ!!

※能「邯鄲」の翻案小説ではありません。ご了承を。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:47 | - | 更新情報をチェックする


秘密

 グータラ社員の山口くんと、はりきりアルバイトの香川さん。
 会社の上司や先輩は、二人を持て余し気味。
 結局一緒に組むことが多くなって、お客さんの評判も上々。
 アルバイトではもったいないから社員になった方が良い、と山口が勧めても、香川さんは首を振る。
 彼女には人に言えない秘密があるのだ。

 まだ夢中になっているわけじゃない。ただ、香川さんとの距離が遠くなったら、世界を照らす小さな電球が消えるような寂しさを感じる気がした。


 可愛くて、ちょっと世知辛い恋愛小説です。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:37 | - | 更新情報をチェックする


今までに参加・開催した写真展

「花泥棒展」
 2012年2月5日 コミティアX−IIIにて。

「わたしの東京2012」 東京観光写真倶楽部 第3回写真展
 2012年3月23日〜3月27日 東京都庁南展望室にて。
 三鷹の写真が1枚、展示されました。
posted by 柳屋文芸堂 at 19:52 | - | 更新情報をチェックする


花泥棒展

 GR DIGITALで撮影した花のポストカードを展示します。

R0021496.JPG R0020132.JPG R0022063.JPG

R0019531.JPG R0021655-2.JPG R0020917.JPG

R0022567.JPG R0023838.JPG R0022382.JPG

 気に入ったものがあれば、何枚でもご自由にお持ち帰り下さい。

【日時】2012年2月5日(日)11:00〜16:00
【場所】有明・東京ビッグサイト 東5・6ホール コミティアX−III会場内
【サークル名】柳屋文芸堂
【スペース番号】X100
posted by 柳屋文芸堂 at 19:23 | - | 更新情報をチェックする


頒布物一覧

映画感想集「血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた」
A5サイズ 24ページ 200円

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」
A5サイズ 116ページ 400円

贋(にせ)オカマと他人の恋愛
A5サイズ 102ページ 無料

※↑のリンクをクリックすると、作品の紹介が見られます。

※完売本リストはこちら
posted by 柳屋文芸堂 at 01:58 | - | 更新情報をチェックする


完売本

火の川 100円 12P
ど素人「料理」談義 200円 32P
鳥のいる場所 200円 40P
夕闇にのぞむ窓辺 200円 40P
横曽根迷宮 200円 24P
夫婦万歳(メオトバンザイ) 0円 20P
双子螺旋 300円 56P
自己啓発シングル 100円 12P
その音の響く夜に 300円 48P
ど素人「お茶」談義 300円 40P
Moon Clock(「私小説」を寄稿) 500円 132P
ぬか漬け日記 100円 28P
ど素人「狂言」談義 200円 32P
短歌本「たわむれ」 200円 28P
ど素人南イタリア旅行記 400円 76P
大賢者大森賢五郎上巻 200円
大賢者大森賢五郎中巻 300円
大賢者大森賢五郎下巻 300円
オカマ板前と春樹カフェ 100円
愛 100円
にわか玄人狂言談義 100円
オカマ先生の恋愛レッスン 100円
秘密 100円
ど素人「お洋服」談義 100円
泥の小舟 100円
福岡ポエイチと柳川旅行記 0円
夢幻帳
死神 0円
飯テロリスト 0円
殻/羽根
妖怪は・じ・め・て物語
邯鄲
柳屋まんぷく文庫1(水戸コミケ「美味しい!」旅行記)100円
柳屋まんぷく文庫2(五色沼旅行記)100円
柳屋まんぷく文庫3(三浦海岸 大根紀行) 100円
柳屋まんぷく文庫4(わさびとミカンと中村光ー伊豆旅行記)100円
柳屋まんぷく文庫5(書評集 とにかく本が好きなんだ)100円
柳屋まんぷく文庫6(書評集 とにかく小説が好きなんだ)100円
柳屋まんぷく文庫7(書評集 古典は赤点だったけど)100円
柳屋まんぷく文庫8(鳥取旅行記)100円
柳屋まんぷく文庫9(伯母(小)のこと)100円
柳屋まんぷく文庫10(香川旅行記)100円
柳屋まんぷく文庫11(夜が明ける前の 薄暗い 薄明るい−夢の記録−)100円
柳屋まんぷく文庫12(私の好きなボカロP)100円
柳屋まんぷく文庫13(大阪旅行記 〜ねぎ焼き、文楽、文学フリマ〜)100円


※「Moon Clock」は「虚影庵」、「愛」は「ラブ企画」、「夢幻帳」は「Super Selfish Space」発行。
※「双子螺旋」「にわか玄人狂言談義」「夢幻帳」「妖怪は・じ・め・て物語」以外は作品ページもしくは柳屋まんぷく堂で読むことが出来ます。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:48 | - | 更新情報をチェックする


今までに参加した同人誌即売会

コミックマーケット
60・62・64・66・67・68・70・71(委託)・72・82・84

コミケットスペシャル
4・5

コミティア
69・70・73・74・77・79・81・82(委託)・96・118

コミティアX
III(コミティア99と合同開催)

そうさく畑東京
18

ORIGINAL蘭
31・32

文学フリマ(東京)
第3回・第4回・第5回・第6回・第7回・第11回・第12回
第13回・第15回・超文学フリマ・第17回・第23回

文学フリマ大阪
第1回(=第16回文学フリマ)・第2回

文学フリマ金沢
第1回

Text-Revolutions
第2回・第4回

O2E
2nd・3rd・4th

TOKYOポエケット
第9回(サークル名「ラブ企画」で参加)・第11回・第12回・第13回・第15回・第17回

福岡ポエイチ
第3回

コミッククリエイション
20

本の杜
10

J.GARDEN
25(委託)

尼崎文学だらけ(あまぶん)
第1回(委託)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:41 | - | 更新情報をチェックする